民主党WebSite
民主党WebSite

■2011年バックナンバー

全 36 件 [ ]

ページ 1 (1〜36)
2011年12月28日

2011年の党本部への陳情要望は91案件を送付

 

民主党が政権交代を実現して以降、政府・省庁への自治体や各種団体からの陳情要望の受付は、自民党政権時代からの族議員や有力議員の口利きの弊害を改善・払拭するため党本部幹事長室を窓口とする「陳情・要望窓口の一元化」が行なわれ、山梨からの陳情等は山梨県連を窓口として受付を行い、党本部の「陳情要請対応本部」へ送付を行なって来た。(全国組織は党本部・企業団体委員会で対応)
山梨県連では2011年は、45団体より99案件を受付、37団体91件を本部送付を行なった。
又、陳情案件については県選出国会議員に「陳情要望取扱い報告書」を55件送付、山梨からの陳情要望案件の把握、情報の共有に努めている。
尚、幹事長室・省庁への面談要望は20件を扱い、面談日程・場所の調整を行なった。

2011年12月16日

横内知事に29項目の「県政政策提言」を提出

 

民主党山梨県連と県議会会派フォーラム未来合同での平成24年度政策制度に関する政策提言を横内知事に提出・要請した。
当日は県庁2階会議室で県連幹事長の樋口県議・飯島県議・望月県議、県連保坂事務局長をはじめ県議会の民主党系会派フォーラム未来の高木県議・久保田県議・土橋県議が参加、樋口幹事長より29項目の概要説明・要請が行なわれ、横内知事からは平成24年度の政策・予算に反映するべく対応をさせて頂くとのコメントが出され、2月県議会の終了後に文書で回答を得る事とした。

2011年12月10日

第16回常任幹事会で明年の県連大会を告示

 

10日甲府市内・ロイヤルガーデンホテルで開催された県連第16回常任幹事会は、明年1月16日に東京で開催される「民主党大会」の地方代議員に樋口雄一幹事長(県議)と佐藤茂樹副幹事長(甲府市議)の2名を機関決定、本部登録を行なった。又、会議では明年の「第13回県連定期大会」を2月11日(土)甲府市内「ホテル談露館」で開催する事を決定、同日「告示」を行なうとともに、大会終了後、同所で「党員・サポーター新春の集い」を開催する事も決定した。
党員・サポーターへの告示・周知は「プレス民主・山梨地域版」を郵送するとともに、出欠確認を個別に「往復はがき」を1月上旬に送付、1月27日までに集約する。
尚、出席対象者は大会告示日の12月10日時点で登録されている党員・サポーターです。

2011年11月14日

党本部へ山梨の「重点要望5項目」を推挙・要請

 

一昨年より行なわれている各県連からの「地域要望の中から県連として重点要望として5項目を党本部に推挙・要請」を行なう「重点要望5項目」について、県連は11日に行なった山梨県からのヒアリング及び市長会・町村会からの要望事項を総合的に精査・検討を行い、14日党本部に送付した。要望項目は以下の通り
@、文化庁 富士山の世界文化遺産登録の早期実現について
A、国交省 リニア中央新幹線の早期実現について
B、国交省 高速自動車国道及び地域高規格道路等の整備促進について
C、厚労省 地域医療再生計画の推進について
D、厚労省 サービス付き高齢者向け住宅が所在する市町村の保健財政の安定化について

2011年11月7日〜8日

自治体議員フォーラム全国研修会に山梨より10名が参加

 

新宿・京王プラザホテルを会場に11月7日・8日の両日「民主党自治体議員フォーラム全国研修会・総会」が開催され、山梨からは飯島修県議・望月利樹県議ら市町村議員10名が参加、基調講演や懇親会、2日目は二つの分科会に別れ、原発対応や農業政策等についての意見交換を行なった。

2011年11月6日〜7日

全国女性議員ネットワーク会議に山梨より2名が参加

 

民主党全国自治体議員フォーラムに加入している女性議員を対象にした「全国女性議員ネットワーク会議」が11月6日・7日の両日東京・都市センターホテルで開催され、山梨からは山梨市議の小野鈴枝さん、都留市議会の清水絹代さんの2名が参加、女性の立場から取り巻く課題への対応や取り組みについて意見交換を行なった。

2011年11月3日

東京・南関東ブロック会議が開催される

 

全国幹事長会議の議論・意見を踏まえた全国をブロック分けしたきめ細かな意見交換の場として設定された「ブロック会議」が、10月3日、東京と南関東(山梨・千葉・神奈川)ブロック会議が神奈川県連3階会議室で開催され、党本部からは樽床幹事長代理をはじめ幹事長室・組織委員会のスタッフが出席、4都県からは、幹事長・副幹事長・事務局長らが参加、山梨からは、樋口雄一幹事長・佐藤茂樹副幹事長・保坂一夫事務局長が出席した。会議では、各県連の現状・統一自治体選への対応などが報告され、地域で地道な活動をしている役員・自治体議員の今日的環境での悩みや、政策実行・実現に向けた率直な意見・要望が出された。

2011年10月15日

全国幹事長・選挙責任者会議が開催される

 

15日東京・都市センターホテルで「全国幹事長・選挙責任者会議」が開催され、山梨からは樋口雄一幹事長が出席、復興対策や原発収束に向けた取り組み等について報告がされ、全国の代表(幹事長)からは、厳しい注文等が出された。又、全国の幹事長が一同に会しての会議では細かな地方の意見等が党本部に十分伝えられないとの事から、全国をブロック分けした少人数での県連役員との意見交換の場として「〇〇ブロック会議」を開催する方向を確認した。

2011年9月30日

県連災害対策本部(室)の体制が確立

 

先の常任幹事会の確認・決定を受け、「災害時等情報伝達指針」及び「災害対策本部態勢」の構築に取り組んで来たが、9月30日諸準備が完了、体制が確立された。
情報伝達指針では、国会議員をはじめとした県連役員の情報収集・伝達の為の系統図や県防災機関や市町村との連絡体制なども一覧として策定された。又、災害対策本部(室)設置時に停電であっても情報収集・伝達を可能とする為の発電機の設置や、電話・テレビ・パソコンなどを3階会議室に移設するツール、非常用飲料水や非常食など必要な機材等が配備され、体制確立がされた。(災害の起きない事を願いつつ!)

2011年9月10日

第15回常任幹事会で「災害時等情報伝達指針」の策定等を確認

 

10日開催した県連第15回常任幹事会は、東日本大震災の一日も早い復旧・復興に向けた取り組み、原発事故の早期収束に向けた対応などを出席した国会議員から報告を受けた後、震災時の情報伝達・情報収集の重要性を踏まえ、山梨県内での災害等の発生時に、県連としても対応する体制を確立し、情報収集・情報伝達に努め、関係防災機関との対応や国会議員との連携、党本部・政府への対応も含め「指針」を策定するとともに、災害発生時には県連に「災害対策本部」を設置する事とし、必要な機材の整備、近隣在住役員の駆けつけ体制を早急に行なう事を確認・決定した。

2011年9月9日

連合山梨との政策意見交換会を開催

 

9日午後3時より甲府市相生の労農福祉センター会議室で連合山梨政策制度委員会のメンバーと県連との意見交換会が持たれ、県連からは樋口幹事長・飯島県議・望月県議・保坂事務局長が参加した。
連合山梨と県連は、それぞれ県政政策提言を例年行なっており、昨年末提出した提言の回答を踏まえ、明年に向けた政策提言を行なうにあたっての意見交換を行なったもので、双方の検証結果等を報告、平成24年度提言に活かしていく事としている。

2011年8月11日

自治体議員フォーラム全国世話人会で研修会日程等を協議

 

8月10日(水)党本部5階ホールで「2011年度地方自治体議員フォーラム全国研修会・第1回世話人会」が開催され、山梨からは佐藤茂樹世話人(県連副幹事長)が出席、世話人会の役員構成・全国大会の開催形態を協議、大会・研修会を11月7日から8日に京王プラザホテルで開催する事等を決定した。

2011年7月25日

第1回自治体議員政策懇談会で改正NPO法等議論

 

7月22日(金)党本部5階会議室で、2011年度第1回自治体議員政策懇談会が開催され、山梨より長沼達彦甲府市議会議員が出席した。

会議は横光克彦組織委員長のあいさつの後、改正NPO法と新寄附税制法について、岸本周平・新しい公共調査会事務局長代理から説明が行われ、今後の進め方など提案された。
又、2011年度民主党地方自治体議員フォーラム全国研修会について、これまでの全国世話人と政策懇談会の関係・関わりについて意見交換、今年の研修会は11月7日〜8日を予定など確認、自治体議員政策懇談会の今後の活動は2ヶ月に1回程度開催し地方の声を政策に反映させて行くこととした。

2011年7月9日

全国幹事長・選挙責任者会議が開催される

 

9日土曜日、党本部5階会議室において「全国幹事長・選挙責任者会議」が開催され、山梨より飯島修県議(県連広報委員長)望月利樹県議(県連青年女性委員長)が代理で出席した。
会議は長妻筆頭副幹事長の司会で進行され、菅直人代表の挨拶、岡田幹事長の挨拶・報告の後、延長国会の課題・今後の政策課題が示され、質疑をはさみ党務・幹事長室関係の検討課題などの提案、道府県連からの報告も行われた。
出席した県連代表からは、内閣不一致・松本大臣の暴言・海江田大臣の佐賀県訪問での地元への配慮・消費税アップの説明など厳しい注文・苦言が出された。

2011年7月4日

大月市議選で卯月氏がトップ当選

 

6月26日告示で行われた大月市議会議員選挙は定数3名減の15名となり1名オーバーの16名による少数激戦となったが、7月3日に投・開票が行われ、党員の卯月政人氏(現職)は前回のトップ当選に引続き1832票でトップで2期目当選を果たした。

2011年6月29日

重点5項目の進捗を県よりヒアリング

 

 昨年秋に山梨県が平成23年度予算・政策要望として国へ上げた中で、県連として重点要望5項目として挙げた内容について、その反映状況と事業進捗状況について県の政策担当からヒアリングを実施、24年度も同様の対応が想定される事から、情報交換・意見交換を行う事とした。尚、ヒアリングには県連からは樋口・飯島・望月の3県議と保坂県連事務局長が出席した。

2011年6月28日

2011年党員・サポーター登録で5435名を本部登録

 

統一自治体選対応で例年より1ヶ月延期されていた「2011年党員・サポーター」の登録が集約され、5435名を本部送付した。尚、党員は246名、サポーターは5189名。

2011年6月11日

第14回常任幹事会を開催

 

県連は11日、午前11時より県連3階会議室において「第14回常任幹事会」を開催、前回会議で倫理委員会に付託した案件に対する倫理委員会の判断の報告を受け、2名の反党行為による「除籍処分」を決定。統一自治体選でのメンバー変更などを踏まえた「自治体議員フォーラム山梨」の報告・研修会の開催や、全役員による研修会の開催が確認された。又、今後の市議選(7月=大月、9月=韮崎)への対応等が協議・確認された。

2011年6月1日

第1回倫理委員会を開催

 

5月14日開催の第13回常任幹事会で、先の統一自治体選への対応で「反党行為」として2名の除籍が相当との判断が出された事を受け、県連規約に則り、その判断が是か否かを県連倫理委員会(県連執行体制と独立した権限を持つ)に付託された事から、倫理委員会は第1回会議を県連3階会議室で開催、予定時間を大幅にオーバーした審議で、県議選における議員党員1名(離党の申し出を提出し他党より立候補=落選)と町議選における他陣営の選対役員を務めた議員党員1名(選挙終了後離党届を提出)について、両名とも「反党行為」にあたるとして、県連常任幹事会の除籍処分の判断は妥当との判断を集約し次期常任幹事会に報告を行う事とした。又、本人の釈明機会について特定記録郵便で通知を行う事とした。

2011年5月21日

全国幹事長・選挙責任者会議が開催される

 

党本部5階で今年3回目となる全国幹事長・選挙責任者会議が開催され、先に各県連から提出された「統一自治体選・総括」の全国集約状況と本部見解等が示され、出席した各県連代表者からは、厳しい闘いを強いられた背景等々厳しい意見が出された。山梨県連からは、樋口雄一幹事長と金丸直道選挙対策委員長(県連代表代行)が出席した。

2011年5月14日

第13回常任幹事会・第2回全役員会議を開催

 

県連は5月14日(土)甲府市内相生のロイヤルガーデンホテルで午前中に第13回常任幹事会を開催、午後には2011年第2回全役員会議(拡大幹事会)を開催した。

議題は4月に行われた統一自治体選の山梨的選挙総括が中心で、党本部における今次統一自治体選の一定の総括を取り纏めるために報告を求められており、午前中の常任幹事会で総括案を協議・確認、午後の全役員会議で提案・意見交換を行い、山梨県連の総括を集約、本部送付した。尚、今回の総括は中間総括で、最終総括は明年の定期大会でこの中間総括を提案し、承認を得る事としている。

2011年4月29日

第82回連合山梨メーデーで街頭宣伝活動

 

4月29日(金)舞鶴公園自由広場で開催された連合山梨第82回メーデーに民主党として街頭宣伝カーで開会前の段階で連帯のあいさつ、チラシ配布を役員の手により行い式典には輿石東参議院議員・米長晴信参議院議院が駆けつけ党を代表して輿石参議院会長が連帯の挨拶を行った。尚、衆議院議員の3名は休日ながら国会が開会されており出席はかなわなかった。

2011年4月11日

県議選で公認推薦候補6名が当選

 

4月1日告示・4月10日投開票で行われた統一自治体選前半戦となる山梨県議会議員選挙は、公認推薦9候補のうち、6名が当選、甲府市選挙区では2名当選を果たした。

2011年4月1日

山梨新報に(震災対応)意見広告を掲載

 

4月1日発行の山梨新報に「民主党山梨東北地方太平洋沖地震対策本部」として意見広告を掲載、節電の呼びかけ・計画停電への理解・義援金募金の呼びかけを行った。

2011年3月25日

緊急・法令順守研修会を開催

 

統一自治体選での新人候補からの公職選挙法等の問合せが県連に多数ある事から、法令順守による選挙活動を目指し、緊急に、各事務所責任者等を対象に「法令順守研修会」を県連保坂事務局長を講師に開催された。又、研修会の模様をDVDに収録、各候補事務所・各総支部に配布し、選対会議等で意思統一を図る事とした。

2011年3月18日

県連所属の全党員・サポーターにプレス民主山梨版を送付

 

県連は大会方針の年2回程度の県連所属の全党員・サポーターへプレス民主山梨地域版の送付を目指すとの決定を踏まえ、今年第1弾としてタブロイド版2面のニュースを発行5000名に送付した。内容は、県連大会報告、選挙対策委員会・常任幹事会での統一自治体選候補擁立の経過報告、公認・推薦候補者紹介(裏面)、2011年党員サポーター募集の取り組み周知を掲載した。【党員は月2回党本部のプレス民主が県連より送付(年間購読料3,000円)しており、山梨版・号外も党員には送付しているが、サポーターには機関誌が送付されない事から、山梨的に年2回程度はサポーターにも山梨地域版を送付する事を方針決定した】

2011年3月15日

第12回(持ち回り)緊急常任幹事会で震災対策本部を設置

 

3月11日の東北地方太平洋沖地震の発生を受け、党本部は当日直ちに対策本部を立ち上げたが、各地方組織でも震災対策本部の立ち上げが要請され、県連は3月15日緊急持ち回り常任幹事会(電話・FAXで議題報告・確認)を行い、「民主党山梨東北地方太平洋沖地震対策本部」を後藤斎県連代表を本部長に、又、県連役員と所属各総支部より各1名の19名で設置、当面する具体的取り組みとして、1、節電協力呼びかけ、2、計画停電への理解の訴え、3、義援金募金活動の取り組みを決定、更に、現状自衛隊・警察・消防活動の優先により自粛中の災害地へのボランティア派遣を可能となった段階で直ちに対応出来る体勢作りなど党本部の対策本部と連携を密に取り組みを行う事とした。

2011年3月6日

第11回常任幹事会で県議・市議追加推薦

 

第11回常任幹事会が県連会議室で開催され、県議選追加推薦で山梨市・高木晴雄氏を、甲府市議選で齊等憲二氏を推薦決定し、これにより県議選に9名の公認推薦候補と推薦はしないものの2名の新人(党員)が、市町村議員選挙では県都・甲府市議会で5名の推薦、他1名(党員)で闘いに臨む事とした。

2011年3月5日

全国幹事長・選挙責任者会議が開催される

 

統一自治体選を前に、党本部において全国幹事長・選挙責任者会議が開催され、金丸選挙対策委員長(代表代行)他が出席、取り巻く厳しい環境の中での選挙戦をなんとしても勝ち抜き、国民の生活が第一の実現に向けた体制強化等意思統一を行った。

2011年2月21日

市町村議選予定者への研修会を開催

 

県連は、4月の統一自治体選挙後半戦となる市町村議選への立候補予定者の研修会を開催、研修会は新人候補予定者を対象に、現職も参加し、法令順守のもとの選挙活動の展開や立候補書類の作成など留意点の意思統一を行った。

2011年2月6日

第10回常任幹事会と午後から「第12回県連大会」を開催

 

常任幹事会は県連大会会場のアピオ甲府の玉宝の間で開催され、大会に向けた議案の確認や大会役員の確認・決定を行った。午後2時より平安の間で開催された「第12回県連大会」は梶原清副代表の開会挨拶で開会され、来賓祝辞では再選を果たした横内知事から、出席した県内市町村長を代表して宮島甲府市長等が挨拶、出席を頂いた県内各種団体長の紹介、自治体議員の紹介の後、雨宮巧大会運営委員長からの資格審査報告で大会成立を確認、大会議長に荻原隆宏甲府市議を選出し進められ、経過報告・決算報告、新年度方針・予算案を承認・決定の後、4月の統一自治体選に県連公認・推薦で立候補を予定している候補予定者に檀上で後藤県連代表より「公認証・推薦証」が手渡され、大会アピールをサポーター代表の衆院2区総支部の渡辺香さんが朗読・提案、「2011年統一自治体選挙に勝利する大会アピール」が満場一致採択され、後藤斎代表の音頭で必勝ガンバローを三唱、佐藤茂樹副幹事長(甲府市議)の閉会挨拶で幕を閉じた。

2011年1月30日

知事選・甲府市長選・中央市議選・上野原市議選が投開票される

 

1月13日告示された山梨県知事選挙では民主党支持の横内正明氏が2期目当選。1月23日告示の甲府市長選挙は民主党が政策協定を結び推薦した宮島雅展氏が3期目当選。同日投票が行われた中央市議選では民主党員の現職2名(名執義高氏・小池満男氏)が当選。上野原市議選では現職2名と新人2名(党員)が立候補、現職の市川剛氏が惜しくも涙を飲んだが、現職の長田喜巳夫氏、新人の氏家隆信氏・久嶋成美氏の3名が当選を果たした。

2011年1月26日

第1回総務委員会(県連大会実行委員会)を開催

 

2月6日に開催予定の山梨県連第12回大会の開催に向けた県連大会実行委員会を兼ねた総務委員会を県連3階会議室で開催。当日の運営や出席者・委任状の確認など行った。尚、大会運営委員会委員長に、互選により雨宮巧総務副委員長が選出された。

2011年1月13日

2011年民主党大会(本部)で山梨の5名が表彰される

 

1月13日千葉・幕張メッセで開催された民主党大会は県選出国会議員と特別代議員としての樋口幹事長、飯島広報委員長が出席、席上、自治体議員活動10年以上の党員(現職除く)の表彰が行われ、全国320名の代表が登壇、山梨からは保坂県連事務局長が県内5名(金丸直道・石原貞夫・丸山正一・山ア光世・保坂一夫)を代表して登壇し菅直人代表から表彰状を受けた。

2011年1月8日

2011年第1回全役員会議(拡大幹事会)を開催

 

新年度第1回目の全役員会議を相生・ロイヤルガーデンホテルで開催、知事選挙・甲府市長選挙・県議会議員選挙・市町村議会議員選挙への対応状況等を報告した。

2011年1月6日

2011年第1回選挙対策委員会を開催

 

県連常設(年間を通じ設置)選挙対策委員会(金丸直道委員長)は前年度4回開催された対策委員会に引続き、2011年第1回の選挙対策委員会を開催、統一自治体議員選挙に向けた候補者推薦に向けた審査等を行った。

 

全36件 | ページ間移動→[ ]

MiniBBS-EX 1.30
Copyright c 2018 Democratic Party for the People All Rights Reserved.
国民民主党山梨県総支部連合会
甲府市相生1-1-21
TEL 055-228-4450 FAX 055-228-4039