民主党WebSite
民主党WebSite

■2010年バックナンバー

全 32 件 [ ]

ページ 1 (1〜32)
2010年7月16日

こしいし東総合選挙対策本部の解散式が行われる。

 

7月16日(金)午後7時よりアピオ甲府において、こしいし東総合選挙対策本部の解散式が行われ、22ヶ所の地域連絡事務所の代表者、1〜3区地域選対、選対本部事務所から約300名が出席した。
又、引き続き後援会「東明会」主催による「輿石東国政報告会」が行われた。

2010年7月13日

こしいし東当選、ご支援に感謝

 

6月24日公示、7月11日投開票で行われた第22回参議院議員選挙は山梨選挙区においては現職・党参議院議員会長を務める「輿石東」が接戦を制し3度目の当選を果たした。(衆議院は2回当選)全国的には改選議席の54を下回る44議席の獲得に留まり、参議院における第1党の座は守ったものの「ねじれ」が心配される状況。
全国29の1人区で8勝21敗の中、山梨選挙区で議席を守る事が出来、その責を果たす事が出来た。各位のご支援に感謝します。

尚、公職選挙法の定めにより県連は選挙期間中のホームページの更新を行いませんでした。ご指摘も頂きましたが、法令順守の立場である事を御理解下さい。

2010年6月18日

6月24日のこしいし東必勝出陣式の予定について

 

第22回参議員議員選挙は6月24日、その戦いがスタートします。
こしいし東必勝出陣式は下記により開催されます。

日時 6月24日(木)午前9時30分〜

場所 こしいし東選挙事務所・駐車場
   甲府バイパス・蓬沢交差点 東 (ヤマダ電器様向い)
   甲府市西高橋町194−1

2010年6月18日

6月20日「こしいし東ふれあい女性集会」を開催します

 

こしいし東参議院議員を支援する女性グループ(団体)が企画した「こしいし東ふれあい女性集会」が6月20日(日)午後2時より笛吹市スコレーセンター(旧・石和スコレーセンター)で開催されます。当日は、森ゆうこ参議院議員をはじめ7名の衆参両院の女性国会議員も応援に駆けつけます。多数の参加をお待ちしております。

2010年6月12日

こしいし東必勝総決起集会の第3弾を韮崎で開催

 

6月12日(土)午後2時より韮崎市の東京エレクトロン韮崎文化ホールで「こしいし東必勝総決起集会」の第3弾として、3区地域の方を中心に開催され、1000名が参加した。
集会には福田衣里子衆議院議員が応援に駆けつけ、こしいし東参議院議員会長の党内における実績と必要性が訴えられた。

2010年6月8日

菅新内閣で小沢鋭仁・後藤齊衆議院議員が再任される

 

菅新内閣の組閣で、県選出国会議員では鳩山内閣で環境大臣を務めた小沢鋭仁衆議院議員と文部科学大臣政務官を務めた後藤斎衆議院議員はそれぞれ再任され、8日の親任式を経て菅内閣の一翼を担う事となった。又、党人事では幹事長職務代理(幹事長代行)を務めていた輿石東参議院議員はその職を辞したものの、引き続き参議院議員会長として参議院国民民主党を率いる事となった。

2010年6月6日

こしいし東必勝総決起集会第2弾を都留で開催

 

5月22日のアピオ甲府で行われた「こしいし東総決起集会」に引き続く第2弾として6月6日(日)午後3時より都留市うぐいすホールで赤松広隆農林水産大臣・田中美絵子衆議院議員を迎え2区地域を中心とした「こしいし東必勝総決起集会」を開催、目標とした800名を上回る950名の参加で大きな盛り上がりを見せた。
尚、赤松広隆農林水産大臣は集会参加後会場を都留市「ピュア富士」に移し、県内の農業・林業団体の代表者と意見交換会に臨み、意見・要望などを新たに任命される大臣らに伝えると述べた。

2010年6月4日

第4回常任幹事会で菅新総理を選出を見つめる

 

県連は6月4日、顧問の県選出国会議員は全員が党両院議員総会及び衆・参本会議出席で欠席ながら県連3階会議室で第4回常任幹事会を開催、金丸直道代表代行、樋口雄一幹事長はじめ常任幹事が出席し、午前中の党両院議員総会での新代表選出選挙の報告を行い、全員で午後行われた衆議院本会議、参議院本会議での総理大臣選出選挙の様子を見つめ、菅直人新総理の選出を拍手で祝った。又、会議は6月24日公示、7月11日投票を想定した具体的日程等を確認した。

2010年5月26日

2010年度党員・サポーター6235名を本部登録

 

1月の県連定期大会以降、各総支部を中心に取り組まれて来た「2010年度党員・サポーター獲得」は、5月末日の党本部登録に向け、5月26日、県連に名簿が集約され、413名の増で6235名を本部に提出、登録された。内訳は国会議員5名、自治体議員党員30名(昨年14名)、一般党員261名(63名増)、サポーター会員5939名(333名増)

2010年5月22日

こしいし東必勝総決起集会第1弾を開催

 

当初より「国民民主党演説会」としてポスターで地域周知されていた演説会を「こしいし東必勝総決起集会」に切り替え、第1弾となる1区地域を中心とした集会が5月22日(土)アピオ甲府で開催され、青木愛衆議院議員(党副幹事長)も駆けつけ、1300名の参加者とともに「こしいし東必勝」に向けた決意を固めあった。

2010年5月15日

第3回常任幹事会で八代英太氏の顧問就任を確認

 

5月15日(土)甲府「かいてらす」で行われた第3回常任幹事会で、国民民主党参議院比例区第83総支部設立(総支部長=八代英太)に伴なう、県連規約による総支部長の県連顧問就任が確認され、八代英太氏からの挨拶が行われた。又、会議は、県連比例区選挙対策本部の体制と対応等を確認するとともに、山梨選挙区の今後の具体的取り組みと対応、総決起集会(ポスター周知されている国民民主党演説会を決起集会に切り替え)の対応等が確認された。

2010年5月7日

2010年度全国自治体議員フォーラム総会・研修会が開催される

 

5月6日・7日の両日「2010年度全国自治体議員フォーラム総会・研修会」が都内のホテルで行われ、山梨より6名の自治体議員が参加、党幹部による政権政党としての政策展開・課題の講演や外部講師による記念講演も行われた。2日目は分科会が行われ、政策テーマ別に議論・質疑が行われた。又、県選出国会議員との意見交換の場も持たれた。

2010年4月25日

富士川町議選で党員・サポーター3名が当選

 

南巨摩郡増穂町と鰍沢町の合併に伴なう新町「富士川町」の町議会議員選挙が4月25日投開票され、斉藤欽也・保坂實の2名の議員党員(旧町議に引き続き)と新人鮫田洋平(サポーター)が当選、鮫田氏は当選後「議員党員」となる事を表明した。

2010年4月24日

こしいし東総合選挙対策本部の事務所開所式が行われる

 

4月24日午前10時より「こしいし東総合選挙対策本部」の事務所開所式が甲府バイパス蓬沢交差点・東(甲府市西高橋町194−1)で行われ、参院選必勝に向けた拠点が確立された。又、開所式に引き続き総合選対本部会議が開催され、1区・2区・3区地域選対と22ヶ所の地域連絡事務所の連絡体制や当面する取り組み等が意識統一された。
連絡電話番号は 055−223−5414 

2010年4月20日

第1回広報委員会で参院選に向けた取り組みを確認

 

これまでの広報宣伝局から体制強化された広報委員会(飯島脩委員長以下6名)が4月19日夜、県連3階会議室で開催され、広報誌プレス民主山梨地域版の随時発行、街頭宣伝活動の展開などが協議され、街頭宣伝活動は県連青年女性委員会と連携を取りつつ実施する事を決定した。

2010年4月18日

甲斐市議選で池神哲子(サポーター)が当選

 

4月11日告示、4月18日投票で行われた甲斐市議会議員選挙は、現職の3名のサポーターが引退し、連携協力議員1名も引退という残念な状況の中で戦われ、現職のサポーター議員池神哲子さんが当選、議席を守った。

2010年4月3日

2010年度第2回(拡大)常任幹事会を開催

 

4月3日(土)午前、甲府市内「かいてらす」において第2回となる常任幹事会を拡大して各種委員会の副委員長までの出席のもと開催された。
会議は国民民主党参議院比例区の対応、全役員会議の開催、国民民主党山梨県連選挙対策本部の発足及びこしいし東総合選挙対策本部への参画など意識統一され、参院選こしいし東必勝に向け全力を挙げる事を確認しあった。

2010年4月2日

第2回地域政策推進委員会を開催

 

党本部への陳情・要望の受付窓口となっている「山梨県連・地域政策推進委員会」(委員長 米長晴信参議院議員)は、日常的に県連事務局で受付をおこなっているが、重要案件等精査が必要な案件について取扱を協議する委員会=地域政策推進委員会が県連会議室で開催され、具体的にどのようなシステムで行われているのかを地元報道関係者が取材をする中でオープンで行われた。尚、この日は国の補助が必要なバイパス・トンネル事業について経過や地元要望、必要性など精査が行われ、党本部・幹事長室へ送付するとともに県選出国会議員に報告をする事が承認された。

2010年3月30日

全国自治体議員フォーラム全国世話人会議が開催される

 

党本部において2010年度自治体議員フォーラム総会及び研修会開催に向けた全国世話人会議が3月29日開催され、山梨より佐藤茂樹世話人(甲府市議)の代理で飯島脩甲府市議が出席、先駆けて取り組まれた衆議院議員選挙時のマニフェストの検証アンケートの集約状況と全国自治体議員から寄せられた見直し等の意見について報告され、参院選に向けたマニフェストへの反映など議論された。又、5月に予定される全国研修会の運営・取り上げるテーマ・課題が話し合われた。

2010年3月25日

4月3日に「こしいし東総合選挙対策本部」結成総会を開催

 

第22回参議院議員選挙必勝・こしいし東総合選挙対策本部 結成総会

日時:2010年4月3日(土)午後3時〜

会場:甲府市善光寺町「かいてらす」3階大ホール

※ 中心となる国民民主党山梨県連及び各種支援団体による参加で結成します。

2010年3月25日

2010年県連全役員会議を開催します

 

県連は下記により新体制による全役員会議を開催、当面する取り組みの確認とともに
合わせて「国民民主党山梨参議院議員選挙対策本部」の発足式を行います。

日時:2010年4月3日(土)午後1時30分〜
会場:甲府市善光寺町「かいてらす」3階会議室

2010年3月25日

第2回常任幹事会を開催します。

 

県連は下記により2010年第2回常任幹事会を開催します。

日時:2010年4月3日(土)午前11時30分〜
会場:甲府市善光寺町「かいてらす」3階会議室

議題:参議院議員選挙・比例への対応について
   参議院選挙、山梨県連選挙対策本部の発足と役員体制について
   今後の「こしいし東総合選挙対策本部」への具体的対応について
   その他

2010年3月17日

第1回常任幹事会(持ち回り)を開催

 

県連は先の幹事会で、定期大会の決定に基づく県連役員体制の確認が行われ、新体制での2010年度第1回常任幹事会が持ち回り会として開催された。
当面する各種取り組みの意思統一・協議を行う予定で日程調整を行ったが調整が付かず
持ち回り常任幹事会として開催され、参院選に向けた県連選対本部発足と体制確認、及び参議院比例対応等について一定の確認を行い、具体的には、次回常任幹事会(4月3日)で改めて説明・確認を行う事とした。
又、第22回参議院議員選挙必勝・こしいし東総合選挙対策本部への参画・派遣役員体制などの対応も確認された。

2010年2月19日(号)

プレス民主「全国版」に山梨県連の活動紹介掲載

 

2月19日発行の党本部・プレス民主227号の「あなたの地域の国民民主党・活動紹介」(5ページ)に山梨県連の状況が1ページを使い、全国に紹介される。
見出しは「かっての保守王国山梨!今は・・・」衆参両院の国会議員を独占、など、先に行われた第11回定期大会の模様や参院選体制、陳情・要望の受け皿の地域政策推進委員会設置、初の国民民主党系「市長」が誕生=竹越久高氏の記事をはじめ、1月30日に鳩山由紀夫総理が来県した時の模様が掲載されている。

2010年2月12日

第94回県連幹事会を開催します

 

県連は、先の定期大会の規約改正などを踏まえた、新委員会体制、新年度役員体制の確認・決定等に向けた「第94回県連幹事会」を開催します。
日時:2010年2月20日(土)午後2時〜
場所:甲府市塩部三丁目「KKR甲府ニュー芙蓉」
議題:@新役員体制の承認・決定について
   A当面する取り組みについて
   B党選挙対策本部の構成・発足に向けて
   Cその他

2010年2月7日

竹越氏が山梨市長に無投票当選

 

市長の急逝に伴なう「山梨市長選挙」は2月7日告示され、竹越久高候補(前・県連代表代行)は午前9時30分より自宅前で出陣式を行い、県選出国会議員の激励、決意の表明の後、市内遊説に出発した。
選挙戦は午後5時の立候補受付終了の段階で他に立候補者が無く「無投票当選」となり、午後5時30分より当選報告会が行われ、県内初の国民民主党系市長が誕生した。

2010年1月30日

鳩山由紀夫総理が山梨入り、・・・・・・

 

鳩山由紀夫総理は地方視察の第2弾で1月30日(土)山梨県・甲府市を訪れ、視察や意見交換会など精力的に地域の声に耳を傾けた。
最初に訪れた山梨大学燃料電池ナノ材料研究センターでは、学長や知事と面談、エネルギー供給の安定化、地球温暖化問題の解決に向けた研究の施設を視察。続いて、県内の大学生・大学院生の代表15名と意見交換会「地域で活躍する大学生との懇談会」に参加、車座となり若者の意見・要望を聞き、意見交換が行われた。
会場を移し、山梨県地場産業センターでは横内知事をはじめ県内28市長村の市長等が参加して「総理との意見交換会」が行われ、地場産業センター内を視察・説明を受け、来場者との握手やサインなどにも気軽に応じ、多くの激励を受けた。その後、県内産業界の代表10名との意見交換会でも公共事業削減の懸念・果樹の戸別補償などの意見要望に対し、それぞれ総理から「自らの想い」が話された。
ここで公務は終了し、車を公用車からハイヤーに乗り換え、夕方から行われた「輿石東参議院議員会長」の国政報告会に参加、激励を行った後、帰京した。

2010年1月24日

県連第11回定期大会を開催、新代表に後藤斎氏

 

県連は政権交代後の国会スケジュール等を考慮し、例年2月に行っていた「県連定期大会」を1ヶ月前倒しし、1月24日(日)午後2時より甲府駅北口のベルクラシック甲府で第11回定期大会を開催した。
大会は政権政党として初の大会であり、来賓に横内山梨県知事をはじめ県内の市町村長も多数出席、産業界の代表も多数参加するという中、党員・サポーターも過去最高となる370余名が参加した。
大会は活動報告・決算報告の後、従来の県連役員体制を充実させる為、常任委員会・幹事会体制の2本立てとし、又、局体制から委員会体制に変更、幹事はいずれかの委員会に所属し取り組みに主体的に参画するなどを基本とした規約改正を承認・決定した。
更に、任期満了に伴なう役員人事については、小沢鋭仁代表(環境大臣)に変わり、後藤斎衆議院議員(文部科学政務官)を新代表に選出、幹事長には樋口雄一県議会が再任された。尚、役員体制全般については、大会における規約改正を受け、次回幹事会で各総支部からの役員推挙等を受け決定する事とされた。
大会終了後、「公約実行・参院選必勝新春パーティー」が行われ、党本部からは直嶋経済産業大臣も駆けつけ、市町村長・産業界代表等も出席し大きな盛り上がりを見せた。

2010年1月18日

竹越代表代行(県議)が離党、山梨市長選へ

 

山梨市長の急逝に伴なう市長選挙に立候補を表明した竹越久高県連代表代行(県議会議員)は18日午前中に県議会議長に県議の辞職願を提出、その後、国民民主党県連を訪れ金丸副代表・樋口幹事長に離党願いを提出した。
県連としては、竹越氏が市民党的立場で市長選に臨む事から、公認・推薦は行わず、側面からの全面支援を行う事としている。

2010年1月16日

党本部定期大会開催される

 

国民民主党2010年度定期大会が1月16日(土)日比谷公会堂で開催され、県選出の5国会議員と地方代議員として金丸副代表・樋口幹事長の2名が参加した。
大会に先駆けて午前9時より開催された財政小委員会には樋口幹事長が出席、10時45分からの地方代議員会議には金丸・樋口の両名が出席した。
大会は、国民が政権交代の果実を実感できる年にするべく邁進する。全党を挙げて党勢を磐石にし、政策を着実に履行できるよう政府を支える、などを基本とした活動方針を採択した。

2010年1月9日

第92回幹事会で新年度方針など議論

 

1月24日開催予定の第11回県連定期大会に向け、提出議案の審議、新役員選出などに向けた第92回幹事会が甲府・ニュー芙蓉で開催され、特に大幅な県連役員体制の変更(従来の 局体制から 委員会体制へ、又、役員体制の大幅増を踏まえた、新たな常任幹事会体制を大会に提案するための諸確認、変更となる規約(案)について協議され、それぞれ確認され、幹事会として定期大会に提案する事とした。

2010年1月4日

甲府駅頭で新春街頭演説会を開催

 

年明けの1月4日、恒例となった国民民主党県連・新春街頭演説会が甲府駅南口、信玄公像広場前で行われ、後藤ひとし衆議院議員、米長晴信参議院議員、坂口岳洋衆議院議員をはじめ県議会議員、甲府市議会議員が参加、政権政党として臨む通常国会の課題、子ども手当てや景気回復を目指す考え方などが、仕事はじめに向かう人々に訴えられた。

 

全32件 | ページ間移動→[ ]

MiniBBS-EX 1.30
Copyright c 2018 Democratic Party for the People All Rights Reserved.
国民民主党山梨県総支部連合会
甲府市相生1-1-21
TEL 055-228-4450 FAX 055-228-4039