民主党WebSite
民進党山梨県総支部連合会
メニュー
トップページ
新着情報
 
新着履歴
 
バックナンバー2003  
 
バックナンバー2004  
県連役員・議員紹介
民主党政策・運営
 
国政選挙候補予定  
掲示板
党員・会員募集
お問い合わせ
リンク

■2007年■

2007/10/6

第68回県連幹事会報告

10月6日(土)14時から甲府市の「リバース和戸」において第68回県連幹事会を開催しました。
5日に党本部で開催された「全国幹事長・選挙責任者会議」の報告を受け、衆議院の早期解散総選挙を想定して、県連としての「選挙対策本部」を設置し、協力団体などとの協議を開始することを決定しました。

また、2004年5月27日、イタリア・スイス国籍のストッキ・アルベルト氏方で妻子2名が焼死させらたという事件がありました。宮崎地方検察庁はこの事件に関し無期懲役を求刑し、宮崎地方裁判所は無期懲役を宣告しました。被告人は刑務所服役歴のある者でした。
この事件に関して、遺族ストッキ・アルベルト氏は被告人に対し死刑判決が出るものと考えており、犯人の前科及び犯行態様が計画的犯行である等から「刑務所から一生出られない刑」と表現して、検察官・裁判官に供述し極刑を求めていました。日本の無期懲役制度では、犯人はいつかまた社会に戻れる制度でしかないからです。
アルベルト氏は、法務大臣に対して遺族として以下の刑罰法制度の整備を要請しています。
・死刑と無期懲役刑との選択に関して安易に無期懲役を選択する現行実務を改めること
・現行実務を想定する場合の矛盾解消方法として、仮出獄制度の適用のない無期懲役刑、絶対終身刑の創設がなされること
・刑務所服役歴のある者に対する再犯防止の対策(地域への警護)を制度的に創設すること

民主党県連にも、この要請に関する署名活動の要請をいただき、幹事会として協議いたしましたが、軽率に行動に移すのではなく国会議員を通して党としてのこの問題に関する考えを聞き、次回の幹事会で結論を出すこととしました。

なお、次回「第69回県連幹事会」は11月17日(土)開催予定です。(時間と会場は未定)

Copyright c 2001-2006 The Democratic Party of Japan All Rights Reserved.
民進党山梨県総支部連合会
甲府市相生1-1-21
TEL 055-228-4450 FAX 055-228-4039